<< 子猫の里親さん募集します!! | main | 犬と猫の死亡原因 >>

犬の寿命の話

先日、学術雑誌を読んでいたら、犬の寿命についての研究の記事がありました。
なんでも、5年ごとに2才くらい寿命が延びているそうです!すごいですね

犬の平均寿命、いくつくらいだと思いますか??
現在0歳のワンちゃんの平均余命は何と!

13.3歳だそうです。
(アニコム調べ 獣医疫学会学術集会発表データ)

ちなみに、体格によって平均寿命に差があり
体重10kg以下の犬では13.7歳
10〜20kgでは、13.1歳
20kg以上では11.5歳だそうです。

保険に加入している動物について解析したデータなので、
日本全国いろんなワンコを集めるともう少し寿命が短くなるかもしれませんが…

ペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査によると、
「2012年の犬の平均寿命は13.94歳、猫の平均寿命は14.45歳。 
犬・猫ともに若干寿命が延びる傾向にある。」
とのこと、ちょっと誤差がありますが、統計手法の違いでしょうか?

13歳って人間で言うと、だいたい70歳弱くらいになります。
なるほど〜。実感です。

以前勤めていた動物病院で、
数年間に死亡した動物のデータをまとめたことがあるのですが、
その時の犬の平均寿命は、12歳くらいでした(2006年)。
年々長生きになってきているようですので、
あの時のデータはだいたい正しかったのかな〜と思い返していました。

雌雄差や不妊去勢手術の有無で寿命に差が出るかも検討したのですが、
犬では不妊去勢手術の有無で差は出ませんでした(有意差なし)。
もっと大規模なデータ解析をすると差が出るかもしれませんが。

ちなみにネコちゃんは、11歳くらいでした(2006年)。
しかも、雌猫の方が長生きするのです!
(アニコムのデータでも雌雄差があるようです)

この話題は掘り下げるとけっこう興味深いので、また次回に続きます。

at 17:24, LinVet, 病気の予防

-, -, - -