<< 猫のトイレ・再考 | main | 17号バイパス 町谷交差点 交通事故数ワースト1! >>

さいたま市の獣医師会活動について

当院では週1回くらい診察時間の変更があります。

セミナーへの参加や、獣医師会の会議などがあるときに、
診察時間を早めに終了させていただいています。

「獣医師会って、何をしているの?」と思われている方がいらっしゃると思います。

今日は獣医師会で行っている活動について、ちょっとだけお話します。
「狂犬病の注射してるだけだろ?」って、いやいや他にもいろいろやっていますよ
ゞ幻ど騨祝匹隆慙∋業
 集合狂犬病予防注射や市の手続きをお手伝いしています。

⇔彎化丹綮娶けセミナーの開催
 獣医師の知識・技術向上のためのセミナーなど

3惺算育動物への支援活動
 さいたま市内の小学校などでの飼育動物の無料診療や巡回診察治療などをしています。

ず匈音の被災動物保護活動をさいたま市と協力
テ以愛護の啓もう活動
Δ修里曚、一般の獣医師には組合などがない個人事業・中小企業が多いので、
 厚生事業なども行っています。

これはさいたま市内の小動物の診療を行っている獣医師の場合です。
獣医師には、行政で仕事をしていたり、大動物(牛や豚、馬など)を診察している
方もいますので、そちら方面の獣医師会活動ももちろんあります。

特にさいたま市の場合、学校飼育動物の支援は随分頑張っているんだ!ということを
皆さんにぜひ知っていただきたい。
先日は私も小学校の巡回診察に行ってきましたが、
さいたま市の獣医師会員が手分けをしてほぼ全ての小学校を巡回しています。
100校くらいあるのです。けっこう大変です。

無料診察では、去年の数字だと年間100件以上の診察を無料で行っています。
学校飼育動物関連の授業や教員の研修会などにも参加して協力しています。
全国的に見ても、かなりしっかりやっていると思います。ホントですよ。
こんなシステムを作るのは大変だったと思います。
先輩獣医師の皆様と、もちろん学校の先生・教育委員会の皆様、スバラシイ。




at 18:31, LinVet, よもやま話

-, -, - -