<< 犬の誤食について | main | 観葉植物 >>

保護される子猫が増えています

 最近子猫を保護される方が増えています。
外猫たちの出産が多いんですね。

子猫はとってもかわいいですし、弱っていると放ってはおけないですが、
保護するには少し覚悟がいります。
今日は子猫を保護したらどうしたらよいかについてです。
子猫(離乳前、だいたい体重300g以下)を保護した時に、
まず必要なことは暖めることとミルクを飲ませてあげることです。

小さな子猫はひとりで体温を維持することができません。
本来離乳前の子猫は母猫や兄弟猫と一緒にいて暖めあっています。
湯たんぽやお湯を入れたペットボトルをタオルで包んでもよいでしょう。
ミルクはペットショップやホームセンターなどで
ネコ用ミルクが売っていますのでそれを与えてください。

次に、できるだけ早く獣医師の診察を受けさせてあげてください。
ネコ風邪を引いていたり、脱水症状があったり…
治療が必要な場合があります。

ミルクの与え方
 元気な子であれば、始め少しとまどっても哺乳瓶から飲むことができます。
 はじめはできるだけ頻繁に与えてください。
 落ち着いてきたら3-4時間に1回(夜中も)のミルクが必要です。
 ミルクは表示通りに作ってください。

排泄の手伝い
 濡れティッシュなどでお尻を刺激して
 おしっことウンチをさせてあげる必要があります。

急いでやってあげることはこんなところですが、
子猫がひとりでごはんを食べられるようになるまでは
体重のチェックや健康状態の管理など、
いろいろとしなければいけないことがあります。
動物病院でよく相談してください。

こちらのページで子猫の世話について詳しく記載されています。
http://www.lifeboatjapan.org/contents/baby_cats/

子猫を保護して育てることは大変ですが、
とにかくかわいくて元気になったら幸せいっぱいですから
是非頑張ってあげてください。

at 09:56, LinVet, 子猫里親募集

-, -, - -